足の臭いを防ぐにはどうしたらいいの?女性ののための足臭予防法!

オシャレしたいけど足の臭いが…




あなたは普段、足元のオシャレはどうしていますか?

  • ストッキングを履いて、靴はヒール・パンプス
  • 素足にスニーカーやビニールサンダル
  • 革製のブーツ
  • 足指のネイル

こういうファッションの女の子は沢山いると思いますが、実はこれら全て

足が臭くなる危険性があるんです!

例え見た目がオシャレでも、足が臭い人って幻滅しませんか?

でも…オシャレと足のニオイを両立するにはどうしたらいいんでしょう?





はじめまして、私は都内に住む女子大生です。

上で書いたのは、私が高校生の時くらいからずっとひそかに悩み続けてきたことです。

ちょっと足が蒸れると、靴を脱いだ時にかなり高確率でプーンと嫌なニオイがしてしまうんですよね。



高校生の時は黒タイツ+ローファーみたいな蒸れやすい格好をしていたので、なおさら臭かったです。

自分でも気づくようなニオイなので、当然家族にはバレバレで、弟に「姉ちゃん足クサイよ!」

と言われたこともありました。

これが学校の友達だったら…と思うとゾッとします。



足の臭いを防ぐっていう消臭スプレーを買ったこともありますが、一時的に消えるだけで

すぐにニオイが復活して、あまり効果はありませんでした。

他の女の子達がどんな対策をしているのかずっと気になっていましたが、

結局誰にも聞けず一人で悶々としていたものです。





その後大学に進学してからは、なるべく足が蒸れにくい格好(サンダルとか靴下にスニーカー)

で通してきました。

大人っぽいファッションにも憧れるのですが、どうしても足が蒸れると臭くなるのが心配で、

平気で蒸れそうなファッションができる女の子達が羨ましかったり。



私が特別臭いやすい体質なのか、それとも神経質すぎなのかは分かりません。


オシャレしたい!でも臭いのは嫌!と一人で長いこと堂々巡りしていましたが、


ある日私は足のニオイ対策を調べてみることをようやく思い立ったんです。



すると、私のように悩んでいる女性が一定数いることや、私が知らなかったニオイの原因や

対策が沢山出てきました。

当サイトではネットで調べた知識や私自身が足のニオイ対策として効果があったことを

紹介してみたいと思います。

足のニオイを気にせずオシャレがしたい!という方は是非最後まで読んでみてくださいね。


足が臭くなるのはどうして?

 

 

あなたは足が臭くなる原因について知っていますか?

 

私は調べる前まで汗で蒸れて臭くなるものだと思ってましたが、実はそんな単純なことではないんです。

 

足のニオイを出す3つの要素

 

 

 

実は足から出る汗そのものはニオイがありません。

 

脇などから出る汗は独特の酸っぱいニオイがしますが、足の汗は99%が水でできていて

 

ニオイ成分が入っていないのです。

 

 

 

では汗がニオイと全く関係ないかというと、そんなこともなく…。

 

足にはもともと常在菌という雑菌が住み着いています。

 

雑菌は温かくはジメジメしたところを好む習性があり、汗で蒸れた足には雑菌がどんどん増殖。

 

足の裏にある古い角質を食べて、イソ吉草酸と言う強烈なニオイを出す物質を分泌します。

 

つまり汗だけでなく、雑菌や古い角質という3つのものが組み合わさって足は臭くなるんですね。

 

 

 

ちなみに、このイソ吉草酸は納豆やチーズのような発酵臭がするのですが、アンモニアの1000倍〜

 

20000倍とも言われるほどの強烈なニオイを出します。

 

そんな強烈なニオイなので、自分で足が臭うという人は周りに迷惑をかけている可能性大!

 

誰にも言われてないのは、単に周りが気を遣っているだけかもしれませんね…。

 

 

ストレスが多いと汗が出やすい!

 

 

 

足汗は誰でもかくものですが、汗の量はストレスがあると増えてしまいます。

 

汗の量が増えるとそれだけ雑菌が増殖しやすくなるため、ストレスが原因で

 

急に足が臭くなる人もいるそうですよ。

 

ストレスによる汗は精神的発汗と言って、暑さで出る汗とは違い年中関係なく出るもの。

 

緊張すると手の平に汗をかいたりしますが、あれも精神的発汗です。

 

 

 

ストレスは勉強や仕事・人間関係などの他、コンプレックスや悩みでも感じることがあります。

 

例えば、足が臭いことを悩みすぎると、それもストレスになっちゃうことがあるんですね。

 

足のニオイを気にして、ますますニオイがひどくなる前に早めに対策をした方がいいかもしれません。

 

 

食べ物で汗が出やすくなることも!

 

 

 

汗は食べ物によっても増えることがあります。

 

例えば辛い物や熱い物。

 

食べた時に汗が噴き出すのは誰でも知っていると思いますが、実はこういうものばかり

 

食べていると普段から汗が出やすい体質になってしまうんです。

 

辛くはないですが、にんにくやショウガ、ネギも同じ効果があります。

 

 

 

また、コーヒーや緑茶などのカフェインが入った飲み物は自律神経を活性化させ、

 

汗を出やすくする作用があります。

 

足汗を出したくない外食では、このような物を食べるのは控えた方が良いかもしれませんね。

 

 

靴に雑菌が住み着いてる!?

 

 

 

上でも書いた通り、ニオイの元となる雑菌はもともと足に住みついている菌なのですが、

 

靴の中で大繁殖すると、その中の一部は足から靴や靴下に移動します。

 

 

 

すると、脱いだ後も雑菌は靴の中に留まり、靴を履いた時にまた増殖を始めてしまうんです。

 

靴下の場合は大抵洗濯して殺菌できると思いますが、靴は毎回洗う人はほとんどいないですよね?

 

いくら足を綺麗にしていても、雑菌が住み着いた靴を履けばまた雑菌まみれの足に逆戻り…という

 

恐ろしいループに嵌ってしまうんです。

 

 

フットケアできてますか?

 

 

 

あなたは足、ちゃんと洗えてますか?

 

このサイトに来るような人なら「洗えてるよ!」って答える人が大半だと思いますが、

 

足を清潔に保つのはちょっとコツがいるんですよね。

 

例えば雑菌のエサとなる古い角質は足裏に硬くなってくっついているため、ただ撫でただけでは取れませんし、

 

悪臭のもととなるイソ吉草酸がくっついてしまっている場合にはもっと取り除くのが難しくなります。

 

 

 

また、あまりゴシゴシと洗い過ぎるのも逆効果で、本来足にいる常在菌を減らしすぎると、

 

別の厄介な悪臭菌が代わりに増殖したり、肌を傷つけて雑菌が中に入り込むこともあります。

 

洗い過ぎても洗わな過ぎても足のニオイのもととなってまうのが厄介なんですよね。

 

足の臭いを予防する5つの方法

 

 

 

足から悪臭が出るのは「汗」が出て「雑菌」が増殖し、「角質」をエサに

 

イソ吉草酸を作ることが原因です。

 

ですから「汗」「雑菌」「角質」をそれぞれ減らすことができれば、

 

イソ吉草酸は作られないということですね。

 

では具体的にこの3つを減らすにはどうすれば良いのでしょうか?

 

 

ストレスを解消で女子力もアップ!

 

 

 

ストレスが原因で汗が多くなってしまった人は、まずはストレス解消して汗の量を減らす必要があります。

 

ストレス解消には色んな方法がありますが、食べることでストレス解消したり、

 

お金を使ってストレス解消するのはあまり良くありません。

 

なぜかというと後から後悔して、余計にストレスを抱えることになるからです。

 

 

 

ですから、ここは女子力も磨けて一石二鳥のストレス解消法をおすすめします。

 

 

 

例えばウォーキングやストレッチ・ヨガなどの軽い運動。

 

身体を動かすことはストレス解消にとても良いんですよ。

 

運動嫌いの人でも軽いストレッチくらいなら苦にならないはずですし、ダイエットにも繋がります。

 

 

 

他には友達とのお喋りもおすすめ。

 

女性にとっては喋ることが一番のストレス解消とも言われますよね。

 

友達と話すことで自分が知らない流行なんかもチェックできたりします。

 

 

女性ホルモンを増やせる食べ方

 

 

 

上では汗をかきやすい食べ物を紹介しましたが、汗をかかない食べ物というのはありません。

 

ですが、実は汗をかきにくくする成分は女性なら誰でも体内に持っています。

 

それが女性ホルモンです。

 

女性ホルモンは女性らしい身体を作ったり、妊娠に備えるためのホルモンなのですが、

 

その働きの1つとして汗を出にくくする、というものがあるんですよ。

 

 

 

つまり、体内の女性ホルモンを増やせば、自然と汗が出にくくなるということ。

 

女性ホルモンを作るのに必要なのは、どれか特定の食べ物を摂り続けるというよりも、

 

栄養を満遍なく摂ることが大切です。

 

炭水化物抜きダイエットなど、無理な食事制限は女性ホルモンを減らしてしまうので、

 

くれぐれも注意してくださいね。

 

 

 

 

また、女性ホルモンを多くするには食べ物だけでなく、規則正しい生活習慣も重要です。

 

特に睡眠は大事なので、睡眠時間はきっちり確保してください(ストレス解消にもなりますしね)。

 

 

雑菌が住みつかない靴のお手入れ方法

 

 

 

靴に移り住んだ雑菌は、靴の中がジメジメしたままではいつまでもいなくなりません。

 

そこでおすすめするのは、日常で履く靴を複数用意する方法です。

 

1日履いた靴は天日干し(革製など痛むものは日陰干し)して、靴の中を乾燥させます。

 

こうすることで、靴の中の雑菌をやっつけ、履くたびに増殖させるのを防ぐわけですね。

 

 

 

大体靴の中が完全に乾燥するのに1〜2日くらいかかるので、

 

3足以上でローテーションいくのがよいでしょう。

 

(ブーツとか渇きにくそうな靴はもう少し置いた方がいいかも。)

 

また、干す前に↓で紹介するミョウバン水を吹きかけておくと消臭・殺菌効果があるため、なお効果的ですよ。

 

 

ミョウバン水で消臭・殺菌する

 

 

 

自宅で作れる消臭剤、ミョウバン水をご存じですか?

 

ミョウバンはもともとナスの漬け物の色落ちを防いだり、荷崩れを防止するために使われる

 

食品添加物として販売されているもの。

 

↓のような感じで売られています。

 

ミョウバン 500g【楽天24】[大成 ミョウバン(みょうばん)]

 

 

 

しかし、ミョウバンは食品添加物として以外にも昔から殺菌・消臭・制汗効果があることが知られており、

 

これを水に溶かして汗止めや消臭剤として使っている人も大勢いるそうです。

 

 

 

作り方はミョウバン50gに対し、水1.5Lをペットボトルなどに入れ、蓋をしてフリフリするだけ。

 

最初は濁った水の色をしていますが、そのまま放置すると1日位で全て解けて無色透明になります。

 

これがミョウバン水の原液となり、使う際には更に水で10倍に薄めて使ってください。

 

 

 

霧吹きに入れて、足に直接吹きかけるもよし、干す前の靴にひと吹きして殺菌するもよしです。

 

ただ、1カ月程度でミョウバン水の効果はなくなるので、その間に全て使い切るようにしてくださいね。

 

 

足を洗う時のポイント

 

 

 

古い角質を取り除き、尚且つ肌を傷つけないように洗うには以下のポイントを抑えて洗ってみてください。

 

 

1.お湯に足を浸して角質を柔らかくする

 

足をいきなり洗っても足の底の角質は硬くなかなか取れません。

 

そこでまずはお湯に浸して落としやすい状態を作ります。

 

つけておく時間はおよそ5分〜10分程度です。

 

 

2.固形石鹸を使う

 

身体を洗うボディソープは保湿用成分が含まれています。

 

しかし、足を保湿してしまうと蒸れる原因になるため、足だけは固形石鹸を使うのが

 

良いと言われています。

 

 

3.石鹸を泡立てて手で洗う

 

お風呂用のナイロンタオルで洗うのは、皮膚を傷つけやすいのでNG。

 

ですから、なるべく手を使って洗った方が無難です。

 

爪の間やヘリなど指が届かないようなところは、毛が柔らかめな歯ブラシなどを使うと洗いやすいです。

 

 

4.足の指の間や爪の間までしっかり洗う

 

意外と指の間や爪と皮膚の間までしっかり洗っている人は少ないようです。

 

が、実はここを洗い忘れるだけでも臭うこともあるんですよね。

 

洗い忘れのないように細かい隙間もしっかり洗いましょう。

 

 

5.しっかり水気を取る

 

隅々まで足を洗い終わったら石鹸を流し、普通にタオルで水気を拭き取れば終わりですが、

 

水気を充分に拭きとっておかないとまた雑菌が沸くきっかけを与えてしまいます。

 

洗ったばかりで雑菌が増えたら元も子もありませんので、しっかり水気がなくなるまで拭き取りましょう。

 

これさえあれば完璧!?足の臭いを予防する石鹸!

 

 

 

足を洗う時のポイントとして、固形石鹸を使った方が良いと書きましたが、

 

実は最近、足専用の固形石鹸というのも発売されています。

 

普通の固形石鹸との違いは、足のニオイを気にしている人向けに作られているということ。

 

 

 

つまり、足専用石鹸を使えば角質を落としたり、消臭・殺菌効果がこれだけでできてしまうんですね。

 

ミョウバン水をわざわざ自前で作る必要が無くなります。

 

そんな足用石鹸で私が実際に使っているのは

 

「アニセ薬用石鹸」という足用石鹸です。

 

 

 



 

 

 

この石鹸のすごいところは、使っていくうちに1日中歩いた足のニオイも気にならなくなっていくということ!

 

1日靴を履いた後の足って誰でも少しくらい臭いものじゃないですか?

 

それがこの石鹸を使い続けていると、消臭効果が持続して1日中臭わない足をキープできるんです。

 

まさに消臭スプレーいらずですね。

 

 

 

その秘密は石鹸に含まれている成分にあります。

 

薬用炭やベンナイトによって雑菌のエサとなる角質を肌を傷つけずに洗い流し、

 

柿渋エキスとミョウバンの殺菌・消臭効果にがイソ吉草酸などのしつこいニオイを消してくれるんです。

 

これらの成分は国にも効果があると認められているもので、「薬用石鹸」とある通り、

 

医薬部外品に指定されています。

 

国に認められている商品なので、もちろん安全性も問題ありません。

 

 

 

 

価格は石鹸にしてはちょっと高めの2,980円(定期購入時)ですが、1人で使う場合には2〜3カ月程度持つ

 

ので、1カ月約1,000円と考えればそれほど高いものではないと思います。

 

定期購入の場合は2回目までの購入が条件ですが、2個購入した時点で一旦購入停止すれば、

 

無駄に買い過ぎることもありませんし、無くなったらすぐに再開もできます。

 

 

 

 

いかがでしょうか?

 

私は既に使い始めて3カ月くらいになりますが、徐々に臭いを感じなくなってきて、

 

今では蒸れやすいタイツやパンプスを履いてもヘッチャラになりました。

 

心配せずにオシャレができるって良いですね!

 

口コミを見ると、大体1カ月〜2カ月くらいで効果を実感する人が多いようです。

 

買ってすぐに効果が出るって訳ではないので心配になるかもしれないですが、

 

2カ月〜3カ月は試してみるのをおすすめします。

 

 

 

 

 

あなたも足のニオイが気になるのなら、「アニセ薬用石鹸」+上の対策を是非お試しください。

 

そして、我慢しないでオシャレを楽しんじゃいましょう!